高校見聞録(仮)

過去ログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

書式  

カナタさんがブログの書き方みたいの書いてたから俺も書こう
http://eapaso.blog73.fc2.com/blog-entry-504.html

オチは考えてないってオチ?何書くの俺

(普段はここまで脳内)





ブログを書いてみようと思う。


カナタさんがこういう記事を書いてて、ネタもないし丁度いいから同じような記事でも書こうと思った。

まず何か「ブログを書こう」と思える主題というかキッカケみたいのを見つけたら、それを頭の中に浮かべながら適当にキーボードを叩き始める。
この時点でオチは浮かんでなくて、浮かんでないまま文章を浮かんだ順に書いていく。

書いていくうちに自分の中で主題がよりクリアに見えてくる。
頭の中で整理される。文章を書くことによって新しい発見が生まれるから文章を書くのは好きだ。

そうやって思い浮かんだオチ 結論こそが自分の中で導き出された一番ストレートな結論だと思ってる。

この前の記事(日記の奴)みたいにオチが最初にできて、それを文章化していくってことはあんまり無い。


浮かんだ順番に文章を並べていくから、ところどころおかしいのも出てくるけど、僕の場合あんまりそれは無い。多分一度通った場所を振り返ろうとしないから、書き損ねたことは書き損ねたままどんどん進んでいく。僕が切り貼りするってのは珍しい。


そうやって最後に推敲して、言葉足らずなところに言葉を付け足し、量の多すぎるところはトリミングして、上手く言葉に出来なかった単語のカタマリみたいのは放置。

流されやすく人の模倣をしやすい性格なので記事の口調とか内容はコロコロ変わるけど、書き方自体はあんまり変わらない。



(でこうやって書いていくと長くなる。どんどん長くなる。あとでカットする。で、適当な写真を見繕ったら適当に加工して)






先生と行く焼肉の旅(0泊1日)

せみです。



20110709.jpg

ブログを書いてみようと思う。





まず何か「ブログを書こう」と思える主題というかキッカケみたいのを見つけたら、それを頭の中に浮かべながら適当にキーボードを叩き始める。(ちなみに今回はカナタさんがこういう記事を書いてて、ネタもないし丁度いいから同じような記事でも書こうと思った)

この時点でオチは浮かんでなくて、浮かんでないまま文章を浮かんだ順に書いていく。
この前の日記のやつなんかは最初にオチがあった例外)


最初に単語を並べて文章のアウトラインを作成したりはせずに、もう最初からガッツリ文章で打ち込んでいくから、あんまり深いことは考えずに、前へ前へと進むように書いていく。もし咄嗟に文章にまとめられないような単語のカタマリみたいのに脳内で出くわしたら、30秒ほど思考した後、諦める。

この記事は結構わざと文章を前後させたけど、普段は大体一回で書き上がることが多い。
だからあんまりあとから文章を挿入したり切り貼りしたりってのは無い。あっても一行・二行程度。


そうやって書いていくうちに自分の中で主題に対する考えや結論がよりクリアに見えてくる。頭の中にあるものを文章としてまとめていくことでそれなりにその主題と向き合いやすくなるんだと思う。

そうやって思い浮かんだ結論こそが自分の中で導き出された一番正直な『答え』だと思ってる。



そうやって最後にプレビュー見ながら推敲。
エントリー欄の横幅との兼ね合いも見ながら適当に改行したり言葉付け足したりして、「記事」としての体裁を整えていく。





僕自身、流されやすい上に「お、これいいな」って思ったものとか恥ずかしげもなくパクっちゃうタイプだから、書いてる文章の内容みたいのはここ数年はあっちこっちしてるけれど、こういう基本的な「ブログの書き方」みたいのは昔から変わってない。


とりあえず自分の書き方を見つめ直してみて思ったけど、自分の考えとかを言葉に直すのは苦手じゃないんだと思う。ぱぱっと文章にできるし、ぱぱっとまとめられる。

その反面上手く言葉に出来ない考えにぶつかるとすぐ諦める傾向にあるから、その「諦め」の回数が少なければ少ないほど自分の中での記事に対する満足度も高い。
カナタさん風にいくと、この記事だったら68ワァー!ぐらい。



それなりに読者に楽しんで貰うために書いてはいるけど、熱が出るほど難しく考えて記事をひねり出す情熱もないし、50ワァー!くらいでもとりあえず投稿しておく。
ただ、やっぱり良い記事が書けると自分の中でのブログモチベも上がるし、記事を書いていくうちの新しい発見も「文章を書こう」って思えるファクターの一つだから、より良いモノを目指す精神は忘れないようにしてる。



(ちなみにここ最近の良記事は多分コレ。89ワァー!くらい?)



関連記事

category: 駄文

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。