高校見聞録(仮)

過去ログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

能力  

嘘でしょ……?ダンボール三箱に部屋のものが収まるなんて……ねぇ!!

せみです。



20110813.jpg


マンガの主人公に嫉妬したことがある人スイッチオン。




マンガの主人公って、それなりに特殊能力とか、他の人にはない長所とかがある。

いやまぁ『いぬまるだし』とかはおいといてね。今『いぬまるだし』は忘れてね。


最初から常人に無い特殊能力があったり(BLEACHとかスケットダンスとか)
能力得る前から喧嘩強かったり(エア・ギアとかPSYЯENとか)
そもそも世界観がまるっきり違ったり(ネギま!とかNARUTOとか)
そういうのだったらまだなんか、自分らじゃどうしようもないからなんか納得できるけど、「どこにでもいる平凡な高校生でーす」みたいな登場の仕方しておいて、なんだかんだで凄いポテンシャル秘めてるパターンはなんかイラッとくる。

例えばいちご100%の真中くんはなぜかモテモテでしかも映像のセンスがあって、
涼風の大和くんなんて本当に冴えないヤツだったのに何だかんだ陸上の才能があって、
読んでて「裏切ったな!お前は仲間だと思ってたのに!」みたいな気分になる。
(なんか恋愛ものばっかりな気がするけど)

何かしら外部の作用によって冴えないダメ人間が強くなれるパターン(REBORN!とかか)も悔しい。
俺にも家庭教師つけろってなる。マフィアは嫌だけど。



まぁマンガなんだし、主人公にキャラがたたないといけないのは分かるけど、
よくよく考えると、主人公以外のキャラにも何かしらの特技があるパターンが多い。

「主人公」は、あくまでそいつが話の一人称に据えられたから主人公になるだけで、
別に視点が変われば誰だって「主人公」になれるポテンシャルを秘めている。


ここで話を能力の話に戻すと、
それって現実でも変わらないんじゃないかということ。

マンガの世界では必ずみんなに一つくらいは特技とか長所があるけど、
それって人間でも変わらない。目に見える派手な長所じゃなくても、本当に些細でいい。
例えばきれい好きとか、目薬をさすのが上手いとか、本当に自分じゃ特技とも長所とも思えない微妙なラインでもいいのだ。人間必ず長所と短所があって、全員に長所がある限り、全員が「主人公」になれる素質を持っている。

まぁ今の例はちょっと極端すぎたけど、
要するに「何も持ってない人間」なんていないということ。


誰だってマンガの中の人物のように一つくらいは長所がある。
それを発散し活かせている人は輝くし、それを周りで眺めてうらやましがっている人たちはただ上手くその特技に気付けていないか、活用できてない。



自分の長所と短所を把握しておくことは人生で凄い大事なことだし、
たまには「自分のいいとこ」とか10個くらいリストアップしてみるといいかもしれない。


ほら、あののび太だって、射撃とあやとりは凄いんだからさ。



関連記事

category: 考察

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。