高校見聞録(仮)

過去ログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

想定  

受験直前だしとある魔術のインモラルさんでも見るか

せみです。



20120104.jpg

イメージするのは、常に最強の自分だ──。



人間にはものすごくおおざっぱに分けて二種類いると思う。


一つは、常に最高の状態、ベストな結果をイメージし、それに己を追従させる者。

一つは、常に最悪の状況、追い込まれた自分を意識し、その対策を突き詰める者。



個人的な話をすると、まぁ僕は前者だ。
常に成功する自分、その後の自分をイメージし、それ以外のことを考えない。

まぁだから一度大きな失敗を味わうと、そこに自分が放り投げ出された時どうすればいいのか分からなくなって、にっちもさっちもいかなくなるような気がしている。


後者は、そういった事態に備えて常に準備をし続けているから、何かしらのアクシデントが起きても冷静に自分がすべきことを判断できるのだろう。
しかし、これではベストの結果はついてこないように思われる。
大きな失敗を避けるためにギャンブル性の高い行動は極力慎み、常に堅実かつ安全な道を行く。



じゃあどっちがいいのってなると、どっちもどっち。

常に成功のみをイメージしながら失敗時の対策も考えるっていうのは矛盾しているから、その時々の、予測すべき事態に対して両方を使い分けられる人が恐らく最も強い。


じゃあ、受験に関してはどうなんだろう。



これは確実に、成功をイメージする方が良いと僕は思う。


滑り止め校へ行った後のことや、浪人してしまった時の生活なんかを受験前に考えることほど非建設的なことはないだろう。
そんなことはその時に考えればいいし、結局今まで自分がどれだけやったかという積み重ねた自信だけが頼りになるのだ。そもそも受験における最悪のアクシデントなんて、勉強とはまったく関係の無いところで起きるか、センターで大失敗してしまうことだろうけど、それを試験前から想定してしまうなんて、一体何のためになるというのか。



浪人したらどうしよう、なんて考えている人は落ちる。

そう思い続けて、センター入試まで残り二週間を切ったけど、結局こういうことを急に書き出しちゃうあたり僕もわりとビビってる。ビビってるからこそ、改めてこうやって日記に起こして決意を固めてるというわけだ。

まぁ相変わらずビックリするくらいの自信は持ってるけど。
(積み重ねてないのに)




関連記事

category: 日記

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。