高校見聞録(仮)

過去ログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

順位  

センター入試です。頑張ってまいります。

せみです。



20120114.jpg

前回の記事のツヅキ。




まぁ前回はいきなり「最大の問題はブログランキング」とかいって締めちゃったけど、要するにそんなクソつまらんブログたちが上位に躍り出るブログランキングこそが諸悪の根元じゃないのかっていうこと。

前回でもチョロっとふれたように、バナーを惜しまずクリックしてくれる優しい固定客を見つけるだけでたちまち上位に躍り出てしまうというこのバナークリックシステムにはいささか問題があるように思われる。

第一、自分で自分のブログに投票できるというのがまずよくない。
昔しっかりランキングに登録していたころ、自分が一日一回クリックするのを続けただけでたちまち50位圏内に躍り出てしまった時は、まだチラ裏日記を書きまくっていた僕でも「あーこれはちょっとよろしくないな」と感想を抱いたほどだ。


そもそも、ランキングで見るブログなんかよりも自分の周りのブロガーたちの方がなんだ全然面白い記事を書いているように思う。これはアレか、身内贔屓みたいな感じなのか。


そもそも本当に面白い記事を書いている人はブログランキングには登録していない。
結局自分から「読んで欲しい!」と思う人たちだけが集う場所なのであって、なるほどそれでは一定以上に面白いものは期待できない。結局面白いかそうでないかは自分にしか判断できない以上、自分で必死こいて探すのが道理なのだろうけど、なんかそれも納得いかない。じゃあブログランキングなんて無くていいじゃん。


いっそのこと訪問者数だけで集計すればいいのではとも思うが、それだと2chに晒す輩が増えそうなので、僕は「ブログレベルアップ」というものをここに提唱したいと思う。


つまり、ブログを続け、更新回数や訪問者数、拍手数などから、記事を書いたりブログを公開したりする上での制限みたいのがどんどんとれていくようなブログがあればいいんじゃないか。

とりあえず画像のアップロードやHTMLタグの編集など基本的なブログとしての機能は最初からデフォルトで備わっているとして、Lv1は行数50、最大文字数1000あたりが妥当か。400字詰め原稿用紙二枚とちょっと。ブログテンプレートやプラグイン、CSSの編集は不可。更新してもランキングやトップページへの反映はいっさい無し。
若干窮屈なようにも思えるが、これくらいあれば学校の友達に見せる日記帳としては十分だと思う。

さらにそれより上を目指したいのなら、更新記事数50、とかか。
とりあえず二日に一回更新するとしても、三ヶ月もあれば誰でもLv2に移行できる。
Lv2ではとりあえず行数70、文字数3000とか。テンプレートは使用可能だがCSS等の編集は不可。

コメント数なんかで上がるのも面白そうだ。

んで、Lv3、Lv4とだんだんレベルを上げていって、ある一定以上のレベルに達するには固定読者数何人、とかどうだろうか。

これはバナーのように毎日クリックすればいいというものではなくて、ブログにデフォルトで設置されているアクセス解析から同一IPのトータルアクセス数なんかを割り出して、10回以上訪問しているIPが一定以上の人数になれば晴れてブログランキングの集計が開始される。


このころにはすっかりブログとしての制限は無くなり、自分の思うように自分の読みやすいブログをクリエイトできるようになっている。



あとは、とりあえずブログランキングの参加方法に、mixiやTwitterの「イイネ!」「お気に入り」のような手軽さが加われば尚良い。
クリック事に新しいウィンドウで見たくもないランキングを見せられるからクリックを躊躇ってしまうのであって、クリックしたところで何も変わらないああいうボタンならば、それなりにクリックする人は増えるのではないだろうか。

まぁ結局そうなると身内票ってのが凄く入りやすくなっちゃうからこの案はボツかも。


あとは自分で宣伝する機能なんかも悪くない。
宣伝すると、トップページの宣伝欄に入り、期間中の「アゲ」「サゲ」ボタンが押された数でレベルが上がったり下がったり……となんだか急にエロ動画サイトっぽくなってしまったが。




僕はこのテの技術者でも何でもないし、結局は前回の記事で言った「もっと読みたいと思わせるブログを書けよ」っていうのが一番言いたかったことっぽいのだけど、やっぱりランキングにしろブログサービスにしろ、面白いものが正当に評価されるシステムを作って欲しいと思う。


それぞれのブログは、そりゃ主観のみで綴られている個人的なスペースだけど、なんだかどうにも、以前からブログランキングといういわば客観視の集合体みたいな場所でも、ある一定の団体、集団の主観が大きく顕れている場のような気がしてならない。

マスコミの世論操作みたいに、なんとなく姿の見えない大きなモノに操られているっていうのは、やっぱりどこか薄気味悪いし、真面目に書いてる奴らからしたら勘弁してくれよーと言う声が聞こえてくるだろう。

まぁまずはコメント数がひたすらゼロのブログなんかは自動的に上位から弾いてもらうとか。うーんそれも微妙か。

あ、あてかそれだと真っ先に弾かれるのココじゃん。









余談だけど、小学生のブログランキング上位はめっちゃ面白い。
とくに四コママンガ作ってる小学生がマジ面白い。
やっぱこういうエンターテイナー的な心意気を忘れちゃダメよね。



関連記事

category: 考察

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。